編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

PCユーザー6億人増を目指すインテル:プロセッサメーカーの歩む道 - (page 2)

藤本京子(編集部)

2006-02-06 22:43

企業向けのソリューションも提供

 こうした家庭向けPC用のプラットフォームのみならず、インテルでは企業向け製品のプラットフォームも2006年秋頃に発表する予定だ。このプラットフォームの開発コード名は「Averill」と呼ばれ、Pentium D 900番台のデュアルコアプロセッサと共に、チップセットやネットワーク機能などが提供される。

 またAverillは、企業ニーズに応えるため、セキュリティ機能や管理性を高めたプラットフォームとなる予定だ。こうした機能は、インテルが独自で提供するのではなく、「Viivでインテルがコンテンツプロバイダと協業したように、Averillではセキュリティベンダーやサーバ管理機能を提供する企業との協業がある」と阿部氏は明かしている。

サーバ向け製品の行方は

 一方のサーバ向け製品においては、インテル従来の事業モデルが受け継がれており、プロセッサのロードマップが明確に示されている。例えば、2006年に登場する予定のプロセッサだけでも、Xeon低電圧版デュアルプロセッサ(DP)の次期モデルとなる「Sossaman」や、ボリューム向けDPの「Dempsey」(デュアルコアインテルXeonプロセッサ5000番台)とその後継版「Woodcrest」、エンタープライズ向けマルチプロセッサ(MP)の「Tulsa」、Itaniumプロセッサの「Montecito」などがある(すべて開発コード名)。また、これらのプロセッサに付随するチップセットやプラットフォームとしては、ボリュームDPのDempseyおよびWoodcrest用プラットフォームとなる「Bensley」が2006年に登場予定だ。

 さらに、2007年以降についても、Itaniumプロセッサの「Montvale」や「Tukwila」、エンタープライズMP向けの「Tigerton」や「Dunnington」、およびそのプラットフォームとなる「Caneland」などがリリースされる予定だ(下図「インテルのサーバおよびワークステーション向け製品ロードマップ」参照)。

インテルのサーバおよびワークステーション向け製品ロードマップ

 こうしたサーバ向け製品のプラットフォームに付随する機能として同社が注力するのは「*Ts」(スターティーズ、Tはテクノロジーの略)と呼ばれる技術群だ。2006年には、*Tsの中で「Intel Virtualization Technology」(VT)と「Intel Active Management Techonology」(AMT)がプラットフォームに実装される予定だ。

 阿部氏は、「VTを実装することで、システムの仮想化が実現し、可用性と信頼性の向上につながる」と説明する。仮想化技術はメインフレーム時代からすでに存在していた技術だが、これをIAサーバ上で実現できるよう、インテルが提供するプラットフォームに実装するとしている。

 また、AMTについては、「サーバとクライアントの管理性が格段に上がる」と阿部氏。インテルではすでに同技術を提供しているが、今後のバージョンアップにより、「例えばウイルスを持ったPCがネットワークに接続されると自動で切断することや、電源が切れているPCもネットワーク上でBIOSのアップデートができるようになる」(阿部氏)という。

インテルにとってのライバルは「インテル自身」

 プロセッサメーカーからプラットフォーム企業へと生まれ変わるインテルにとって、競合の存在はあまり気にならないようだ。「他社の戦略を気にするよりも、自社の戦略を推進し、マーケットをいかに拡大するかという点が一番大きなチャレンジだ」と阿部氏は語る。方向転換することで、ユーザーを倍増させようとするインテル。世界のPCユーザーの数が12億人となる日を目指し、インテルは活動を続ける。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
クラウド基盤

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]