編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本IBM、神戸製鋼の情報システム災害対策を支援

CNET Japan Staff

2006-03-13 20:43

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は3月13日、神戸製鋼所が同日稼働させた情報システムの災害対策を支援したことを発表した。日本IBMは、2002年1月より神戸製鋼の情報システムの開発、保守、運用業務をアウトソーシングで請け負っており、今回の災害対策はその一環として行われた。

 具体的には、兵庫県神戸市にある灘浜データセンターに設置されている本社部門、機械エンジニアリングカンパニー、溶接カンパニーの業務向けホストコンピューターと、兵庫県加古川市の加古川データセンターに設置されている鉄鋼部門の業務向けホストコンピューターを接続し、リアルタイムのバックアップ体制を整備した。両データセンターは、40km程度離れている。

 今回のバックアップには、IBMのストレージ製品が持つ遠隔地にデータをコピーする機能「グローバル・ミラー」が採用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]