編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

フォトレポート:「朝早く歩く六本木は新鮮!」サムスン、IBM、ゼロックスが「Green Road SIX」を実施

山下竜大(編集部)

2006-04-09 19:27

日本サムスン、富士ゼロックス、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は4月8日、社内ボランティア活動の一環となる地域清掃を六本木地域において開催した。3社の頭文字を取って「Green Road SIX(Samsung、IBM、Xerox)」と呼ばれる同ボランティア活動は、今回で第2回目の開催。新たに、六本木ヒルズ自治会および麻布法人会のボランティアを加え、総勢約260名が参加している。
日本サムスン、富士ゼロックス、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は4月8日、社内ボランティア活動の一環となる地域清掃を六本木地域において開催した。3社の頭文字を取って「Green Road SIX(Samsung、IBM、Xerox)」と呼ばれる同ボランティア活動は、今回で第2回目の開催。新たに、六本木ヒルズ自治会および麻布法人会のボランティアを加え、総勢約260名が参加している。

日本サムスン、富士ゼロックス、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は4月8日、社内ボランティア活動の一環となる地域清掃を六本木地域において開催した。3社の頭文字を取って「Green Road SIX(Samsung、IBM、Xerox)」と呼ばれる同ボランティア活動は、今回で第2回目の開催。新たに、六本木ヒルズ自治会および麻布法人会のボランティアを加え、総勢約260名が参加している。

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]