編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

マイクロソフトとNEC、「LCS 2005」とIP電話サーバの連携ミドルウェアを発売

ニューズフロント

2006-05-15 14:35

 マイクロソフトとNECは5月15日、企業向けインスタントメッセージング(IM)/プレゼンスサーバ「Microsoft Office Live Communications Server(LCS)2005」とIP電話サーバ「UNIVERGE SV7000」を連携させるミドルウェア「UNIVERGE OW1000」の販売を開始した。税別価格は50万円から。

 UNIVERGE OW1000は、NECがLCS 2005のインターフェース仕様を参照し、オーストラリアNEC Business Solutionsのミドルウェアをベースに開発した。UNIVERGE SV7000との連携により、保留や転送などのビジネス電話向け機能や、装置障害と停電への対策などの機能が、LCS 2005ユーザーから利用可能となった。

 さらに、「Office Communicator 2005」や「Outlook 2003」「Excel 2003」「Word 2003」などのMicrosoft Officeアプリケーションから各種操作が可能なため、「必要なコミュニケーション機能のすべてをデスクトップ端末から一元的に利用でき、社員の生産性が飛躍的に向上する」と両社は説明する。

 両社は、オフィスコミュニケーション分野で戦略的に提携し、販売活動を共同推進するとしている。今後3年間で100社への販売を目指す。また、UNIVERGE OW1000は、5月18日から19日にサンシャインシティ文化会館で開催されるIPテレフォニー&ケータイソリューション2006に出展する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]