編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立情報とIDSシェアー、日本版SOX法向け文書化支援サービスで協業

ニューズフロント

2006-05-18 17:54

 日立情報システムズとIDSシェアー・ジャパンは5月18日、金融商品取引法案(日本版SOX法)で求められる内部統制への対応を支援するため、IDSシェアーのビジネスプロセス管理(MPM)ソフト「ARIS」の販売および導入支援サービスを共同提供すると発表した。

 日本版SOX法では、2008年4月以降の事業年度より、内部統制システムの導入を上場企業に義務付ける。これにより、上場企業は内部統制が有効に機能していることを報告するために、重要な業務プロセスでリスクコントロールマトリックス(RCM)文書の作成などが必要となる。

 ARISは、業務改善および改革、IT導入、リスク管理などを目的とするBPMソフト。内部統制の文書化やテスト、評価、改善を含む一連の作業を支援するツールとして利用されており、国内200社以上、全世界で5000社以上の導入実績があるという。

 今後、両社は内部統制構築でARISを効果的に活用できるテンプレートの開発、日立情報の営業網を通じたARISの販売および導入支援、パイロットプロセスの文書化支援サービスなどに、共同で取り組む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]