編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「あと20年は現役で」--グッドナイトCEOのモチベーションは“チャレンジすること”

山下竜大(編集部)

2006-05-18 23:06

 「SASはプライベートカンパニーであることから顧客が主要な株主になる。そこで顧客の利益を最優先させることがSASの最大の使命といえる」。

 SASの最高経営責任者(CEO)であるJim Goodnight氏は、同社がスイスのジュネーブで開催しているユーザーカンファレンス「SAS Forum International Geneva 2006」(SFI 2006)のオープニングのステージでこう話した。

 「顧客を満足させるためには、まずSASの従業員を満足させることが必要だ。従業員が会社に満足していれば、顧客のために一生懸命働こうと自然に考えてくれる。これによりSASという会社は成長を続けることができる」(Goodnight氏)

 この言葉通りにSASは、1976年の会社設立から29年間、増収・増益を続けており、2005年には16億8000万ドルを売り上げた。これまでにも何度かGoodnight氏に会える機会があったが、同氏は常々「SASがこれほど成功できた要因は、社員を大切にするという企業文化があったからこそだ」と話してくれた。

SASのシュアーブロック氏 「SAS Internationalの従業員のモチベーションは、国別対抗のサッカー大会や花火大会など……」と話すSAS InternationalのSchwerbrock氏。

 この企業文化をかたくなに守り続けているのがSASの人事部門である。北米以外のすべての地域を統括するSAS Internationalの財務・人事担当バイスプレジデント、David Schwerbrock氏は、これまでは財務だけを担当していたが、その功績を認められ2006年より人事も担当することとなった。

 Schwerbrock氏は、「人事の仕事を兼務するようになったのは、財務において良い仕事をしたと評価されたから。しかし私が良い仕事ができたのは、優れた部下に恵まれたからだ」と話す。人事担当者としての心がけを同氏は、「今日、会社から自宅に帰った従業員が、明日も会社に戻ってきてくれる環境を作ること」と話している。

 従業員が満足できる職場環境を実現するためにSASでは、人事制度や福利厚生の充実に努めている。同社の優れた人事制度や福利厚生は有名で、日本のテレビ局も米国ノースカロライナ州キャリーにあるSASの本社に取材に訪れたほどだ。

 SASの福利厚生では、広大な本社キャンパス内にあるスポーツジムをはじめとするさまざまな施設が、すべて無料で使用できる。また、勤務中に子供を預けることができる託児所は、一般的な価格の約3分の1で利用可能だ。こうした福利厚生は社員に好評という。

 福利厚生がSASのビジネスにもたらす効果としては、まず離職率が低くなる。本社の離職率は3%強、「SAS Internationalでも10%以下」(Schwerbrock氏)という。IT業界全体の離職率が20〜25%といわれていることから、いかに驚異的な離職率かが分かるだろう。

 SASでは、長年において担当者が変わらないことから、製品を市場に投入する期間を短縮し、顧客満足度を向上できるという。これにより売り上げも拡大し、長期的にはROI(費用対効果)を向上することができるというわけだ。

 こうした取り組みによりSASは、米フォーチュン誌の「最も働きがいのある会社ベスト100社」(100 Best Companies to Work For)で、常に30位以内にランクキングされている。ちなみに、SASの日本法人も2003年に転職雑誌で「転職したい企業の40位」に選ばれた実績がある。

 しかし、こうした取り組みを30年間続けることは、言うほど簡単なことではない。30年間のIT業界の変化を考えればなおさらだ。SFI 2006の会場で、再びGoodnight氏に会えるチャンスがあったので、SASという会社を30年間続けるモチベーションをどのように保ってきたのかを聞いてみた。

 Goodnight氏は、「何事においても常にチャレンジすることだ。それと自分の仕事を常に楽しむこと。私はプログラミングをしているときが何よりも楽しい時であり、だからこそ30年間、SASという会社を続けることができた。あと20年は続けるつもりだよ」と話してくれた。

SASのグッドナイト氏 「あと20年は続けるよ」と笑うSASのGoodnight氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]