「日本の無線LAN市場は海外より1〜1.5年は進んでいる」--Meru Networks

田中好伸(編集部) 2006年05月24日 18時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、企業内のネットワークとして無線LANが多用されるようになっている。イーサネットのようなケーブルの煩わしさがないという利便性を誰もが感じているいるからだ。

 そういった状況のため、多くのベンダーが無線LAN市場に参入しつつあるが、その中でもMeru Networksの製品は多くの日本企業で採用されている。同社の社長兼最高経営責任者(CEO)であるIhab Abu-Hakima氏に話を聞いた。

--Meruの製品が日本企業でも大規模に採用されていると聞いています。

 そうですね。大阪にあるハイアット・リージェンシー・オーサカでは施設全域を無線LANでカバーしようという計画が進められました。実際に、ハイアット・リージェンシー・オーサカの場合、地上28階、地下2階で約500もの客室を、われわれの「Meru AP200」という無線LANアクセスポイント150台でカバーしています。

 他社製品であれば、その2倍はかかるそうですが、「Meru System Director」というソフトウェアが各アクセスポイントのデータ通信のやり取りを制御することで、干渉を回避できるために、アクセスポイントの数を他社製品よりも大幅に少なくすることができています。ハイアット・リージェンシー・オーサカの件では、当初からデータ通信と音声通信を統合させることが狙いでした。われわれの製品はIP電話システムでの利用も前提とした機能が盛り込まれています。従業員の方々は、無線のIP電話端末やPDAに搭載されるソフトフォンで効率のいい作業ができていると聞いています。

--大阪ガスが6000台もの無線IP電話機を導入するとして注目を集めましたが。

 大阪ガスはわれわれにとって世界最大の顧客になっています。というのは49拠点すべてにわれわれのアクセスポイント「Meru AP208」が採用されています。アクセスポイントに加えて、コントローラも採用されています。

 コントローラとは、先ほど話したSystem Directorを搭載したハードウェアであり、リソース管理やQoSなどを管理します。大阪ガスで利用されているコントローラは「Meru MC1000」「Meru MC1100」になります。そして、同社のケースでは、携帯できるIP電話端末としてFOMAのデュアルフォン端末「N900iL」が採用されています。

Ihab Abu-Hakima氏 「日本のエンドユーザーは品質に厳しいという点でもチャレンジのしがいがある」と語るAbu-Hakima氏

--そういったMeruの優位性はどんなところにあるのですか。

 われわれの無線LAN技術が“第4世代”といわれていることが、われわれの優位性をおそらく象徴していると思います。

 第1世代とは米電気電子学会(IEEE)の無線LANの標準規格である802.11が登場以前を指し、第2世代とは、2000〜2002年のころに802.11が登場以後で無線LANの機器はスタンドアローン、つまり管理がされていない状況にあることを指しています。

 第3世代とは2003〜2004年のころに、無線LANの機器を1カ所で集中的に管理するという技術が登場してきたことを指します。無線LANのエッジスイッチやコントローラといったもので複数のアクセスポイントを管理するというものです。そして第4世代とは、2005年以降になり、無線LANのトラフィックを最適化するという技術を指しています。具体的には、無線LANでのQoS、アクセスポイント間を移動する時のゼロハンドオフという技術があります。無線LANでのQoSをサポートする技術は他社では真似のできない技術になっています。

--最近では、企業はもちろん病院や大学でも無線LANを多用するようになっています。

 たとえば大学の講堂では、数十人あるいは数百人といった学生がノートPCで無線LANにアクセスしています。従来の技術では、アクセスポイントを増やすことで対応せざるをえませんでした。しかし、この場合では、通信状態が悪くなるという問題がありました。

 そこでわれわれは、「Meru Radio Switch」という製品で問題を解決しています。この製品は高い帯域幅でのアクセスを可能にするとともに、無指向性アンテナを用いることで問題をクリアしました。先ほど話した大学の講堂のようなケース、われわれはそういった環境をハイデンシティと呼んでいますが、Radio Switchは、そうしたハイデンシティの環境において、電波の密度を高めることで、問題をクリアしています。Radio Switchは大学のほかにも病院、あるいは大企業の会議室、もしくは製造業での工場といった場所でも対応することができます。

--Meru Networksは2005年3月に日本に支社を設置しています。まだそれほど時間はたっていませんが、日本という市場をどのように見ていますか。

 無線LANという市場で見る限り、米国あるいはほかの国と比べて1〜1.5年進んでいるのではないでしょうか。たとえばFMC(固定通信と無線通信の融合)という点でも、日本は発展を続けています。無線LANとのデュアルの携帯電話がそれを象徴しているでしょう。それだけにわれわれは、この日本という市場にチャレンジすべきだと思っています。

 また日本のユーザーは“品質”にとても厳しいというところを見ても、日本はチャレンジする意味の大きい市場です。実際に、われわれの大手戦略パートナーは、品質テストの時に、品質面の指摘をしてくれています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化