国内DBMS市場、2008年には成長止まる--IDC Japan予測

CNET Japan Staff 2006年06月23日 13時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT専門調査会社のIDC Japanは6月22日、2005年の国内データベース管理システム(DBMS)の市場規模および2010年までの予測を発表した。

 同調査によると、2005年における国内DBMS市場の規模は、前年比2.4%増の1763億円。国内企業の収益回復とともに、データベースへの投資も成長した。IDC Japanでは、この傾向が2006〜2007年にかけて継続するものの、ベンダー間の価格競争やマルチコアCPUの普及に伴うハイエンド市場の成長鈍化、オープンソースによるエントリー市場の吸収などのマイナス要因を受け、その後の成長は止まるとみている。

 2005年の機能別市場は、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)が1511億円、プレ/ポストRDBMSが139億円、エンドユーザーDBMSが104億円、オブジェクト指向データベース管理システム/XMLデータベース管理システム(ODBMS/XML DBMS)が9億円。RDBMSは、引き続き市場を拡大たが成長率は低く、メインフレームが中心のプレ/ポストRDBMSは、2桁規模縮小した。一方、用途が限定的なODBMS/XML DBMSは、前年のマイナス成長から回復している。

 ベンダー別では、オラクルがハイエンド市場でのRAC(Real Application Cluster)などのオプション製品の伸びと、低価格版SE OneのWindows市場での成功により、市場平均を上回る成長を遂げた。同社の市場シェアは44.5%。マイクロソフトは、エンタープライズ市場でのWindows採用の広がり、データウェアハウスでの利用拡大によって、前年比14.9%の成長と急増。シェアも1.3ポイント増加した。IBMは、前年比2.7%増と微増にとどまった。国産では、富士通が売り上げを回復した一方で、日立製作所はメインフレームの不調でシェアを落とした。

 IDC Japanの予測によると、2005〜2010年のDBMS市場の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は2.3%。うちRDBMS市場は3.0%となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化