ネットジャパン、インストール不要なバックアップソフトの64ビットOS対応版

ニューズフロント

2006-06-23 19:40

 ネットジャパンは6月23日、システムにインストールすることなく稼働中のサーバからデータをバックアップできるソフト製品の64ビットOS対応版「ShadowProtect Server Edition」「ShadowProtect Desktop Edition」について、出荷を6月30日に開始すると発表した。

 ShadowProtectは、サーバにバックアップ処理用のプログラムやドライバをあらかじめインストールしていなくても、バックアップが行えるソフト。システムの復元は、製品CD-ROMを使って起動するWindows Preinstall Environment(PE)ベースの環境から実行する。

 対象サーバを止めずにバックアップするホットイメージング(オンラインバックアップ)のほか、製品CD-ROMからサーバを直接起動し、サーバ上のOSを動かさずにシャットダウンした状態のシステムボリュームをバックアップするコールドイメージングにも対応している。差分バックアップと増分バックアップの両方式の利用が可能だ。

 特に、ShadowProtect Server Editionは、Windows Server 2003またはWindows XPに組み込まれているVolume Shadow Copy Service(VSS)と協調してホットイメージングが行える。複数ボリュームの同時スナップショット化が可能で、VMwareまたはVirtual Serverによる仮想サーバ上のゲストOSもオンラインでバックアップできる。

 Server Editionの対応OSは、Windows Server 2003 Standard、Enterprise、x64 Editionと、Windows 2000 Server、Advanced Serverとなる。Desktop Editionの対応OSは、Windows XP Home Edition、ProfessionalとWindows 2000 Professional。主な1ライセンス当たりの税別価格は以下のとおり。

ShadowProtect Server Edition(10〜24ライセンス時)

  • 通常価格:17万3000円
  • キャンペーン価格:12万1100円
  • フレンドリーアップグレード価格:11万2500円
  • 年間保守価格:3万1100円

ShadowProtect Desktop Edition(20〜49ライセンス時)

  • 通常価格:9400円
  • 年間保守価格:1900円

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]