編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立、日立コンサルティングへのリソース集約で「Oracle Applications」事業を強化

ニューズフロント

2006-10-31 12:40

 日立製作所と日立コンサルティングは10月30日、「Oracle E-Business Suite」 をはじめとする「Oracle Applications」関連事業を強化すると発表した。

 最初の具体的な取り組みとして、日立でOracle E-Business Suite関連システム構築などにかかわる部門を11月1日付けで日立コンサルティングに集約し、コンサルティングから導入までのサービスを一括提供できる体制を整える。

 日立は、Oracle Applications関連リソースを日立コンサルティングに集約することで、Oracle Applications関連事業の拡大を図る。今後は、Oracle E-Business Suiteに加え、「Siebel」や「PeopleSoft Enterprise」、「JD Edwards」製品系列も取り扱う。

 日立コンサルティングでは、Oracle Applications関連事業の拡大にともない、2010年度に100億円の売上高を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]