編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

セールスフォース、オンデマンド型パートナー関係管理サービス「Partnerforce」

ニューズフロント

2006-06-28 17:45

 セールスフォース・ドットコムは6月28日、オンデマンド型のパートナー関係管理(PRM)サービス「Salesforce Partner Edition(Partnerforce)」を発表した。2006年7月14日より提供を開始する。

 Partnerforceは、セールスフォースのオンデマンドアプリケーション共有サービス「AppExchange」上のウェブ対応アプリケーションサービス「The Business Web」を用い、企業とそのパートナー(代理店)との関係を確立する。これにより、企業は代理店との情報共有を、オンデマンドで行えるようになる。

 具体的には、営業情報やマーケティング情報などを代理店に提供するとともに、各代理店の営業状況を収集できる。セールスフォースでは「オンデマンドCRMサービスSalesforce導入による効果を、すべての代理店網に展開することが可能になる」としている。

 Partnerforceはパートナーライフサイクル管理(PLM)機能を備え、代理店の募集、マーケティング、販売、効果測定といったパートナーライフサイクルの全局面をカバーする。また、商談登録および商談管理機能により、代理店同士の競合を排除できる。

 Salesforceの主要アプリケーションを補完する位置付けのサービスであり、Salesforceの「Enterprise Edition」および「Unlimited Edition」の利用料金に加え、1パートナー当たり月額1万5750円(税込み、5ユーザー)で提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]