編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

セールスフォース、AppExchangeを日本でも発表--パートナーより20以上のアプリが

藤本京子(編集部)

2006-01-24 18:48

 セールスフォース・ドットコムは1月24日、都内にて記者会見を開催し、ASPによるCRMサービス「Salesforce」の最新版「Winter '06」と、Winter '06の中核を成すアプリケーションプラットフォーム「AppExchange」を発表した。

 Winter '06とAppExchangeは、米国にて1月17日に発表されていた。今回国内で正式にAppExchangeが発表され、国内のパートナーによるビジネスアプリケーションが同時に公開された。

 AppExchangeとは、Salesforce上で利用可能なアプリケーションが公開されているプラットフォームだ。公開されているアプリケーションは、セールスフォース・ドットコムにて用意したものもあれば、パートナーやユーザー企業が開発したものもある。ユーザーは、AppExchange上で入手したアプリケーションを自由に閲覧および試用し、有料の場合はそこで購入できる。

Salesforce.com 共同創業者 兼 テクノロジー統括責任者 Parker Harris氏

 新製品発表のため来日したSalesforce.comの共同創業者 兼 テクノロジー統括責任者のParker Harris氏は、AppExchangeを「エンタープライズアプリケーションのiTunes Music Store(iTMS)だ」と表現した。「iPodで聴く楽曲をiTMSから入手するように、Salesforceで使うアプリケーションをAppExchangeで入手できる。つまり、iTMSがコンシューマー向けのウェブプラットフォームであるように、AppExchangeはビジネスウェブのプラットフォームなのだ」(Harris氏)

 AppExchangeで公開されているアプリケーションの数は、全世界で160以上に上る。日本国内では、24日に同時発表したマクニカのチャートソリューション「B3 Smart」とSalesforceを連携させた「B3 Smart for AppExchange」や、シャノンのセミナー管理ソリューション「Sm@rtSeminar」とSalesforceを連携させた「Sm@rtSeminar for AppExchange」などを含め、20以上が用意されている。

 会場では、Googleの「Google Map」を利用して開発したテリトリー管理機能や、Skype Technologiesと共同で発表した「Skype for AppExchange」のデモが行われた。Skypeのデモでは、営業担当者が電話で取引をする際、Salesforceの顧客データからSkypeマークをクリックするだけでインターネットを通じた電話会議が実現する場面が映し出された。

 Harris氏は、このようにアプリケーションのコンポーネントを集め、パートナーやユーザーが協業することでさらに新しいアプリケーションが生まれるプロセスについて、「コミュニティ参加型でアプリケーションを作る“ソーシャルプロダクション”だ」とした。また、「AppExchangeは、画一的でパッケージ化されたアプリケーションの終結を意味する。ソーシャルプロダクションという新しいモデルによって、ビジネスウェブは進化するだろう」と語った。

Skype for AppExchangeのデモ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]