編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本IBM、WEAとFOMA M1000のメール同期通信を実現--SyncMLを利用

CNET Japan Staff

2006-06-30 02:14

 日本IBMは6月29日、統合モバイルミドルウェア「WebSphere Everyplace Access(WEA)」とNTTドコモの企業向けスマートフォン「FOMA M1000」が接続できることを確認したと発表した。

 WEAでは、モバイル端末とサーバ間の通信手段にSyncML技術を利用している。このため、NTTドコモが提供するSyncML対応のメール用同期モジュールを活用することで、グループウェアに対してメール、カレンダー、およびアドレス帳の同期が可能になる。

 これにより、IBMのグループウェア「Lotus Notes/Domino」のユーザーは、WEAとモバイル端末の間で同期を取りながら、企業内の電子メールやカレンダー、データベースサーバなどとデータ通信できるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]