編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

トヨタ自動車、64ビット版Windows XP上で稼働するCATIA V5を活用

CNET Japan Staff

2006-07-19 11:33

 マイクロソフトとダッソー・システムズは7月18日、東京にて開催されている「2006JCF」において、トヨタ自動車がWindows XP Professional x64 Edition対応のダッソー・システムズのバーチャル製品設計PLMソリューション「CATIA V5」を採用したことを発表した。

 トヨタ自動車がMicrosoftプラットフォーム対応のCATIA V5を採用したことは、ダッソー・システムズとマイクロソフトの間の戦略的グローバル・アライアンスの流れにある。これで、2004年11月に発表された両社の提携により、ダッソー・システムズのV5 PLM および3Dコラボレーティブ・ソリューションとWindowsクライアントおよびWindows Serverプラットフォーム間の連携がより強固になったことが明らかになった。ダッソー・システムズでは、コスト効率の向上や、導入・メンテナンスの容易さを強調しており、顧客企業に対しよりフレキシブルなソリューションが提供できるようになったとしている。なお、V5 PLM製品群で64ビットWindowsを活用できるようになったため、パフォーマンスは大幅に向上したという。

 トヨタ自動車の設計・生産プロセスでは、詳細かつ複雑な製品設計を支えるデータを必要とし、また大容量の製品モデル・データの正確で迅速な作成およびレビューも不可欠。こうした課題にこたえるために2006年5月、トヨタ自動車の技術・生技部門に64ビットCATIA V5 16が初めて導入され、今後も順次展開を拡大する予定だ。

 64ビット環境を導入したことで、大容量データのアッセンブリーデータを扱うことが可能になり、さらにダッソーシステムズとマイクロソフトの提携により、32ビットVBAマクロが問題なく64ビット環境でも稼働することが保証される仕組みが提供された。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

  3. 開発

    初心者でもわかる「コンテナとは?」から語るセミナー、ピュア・ストレージが最大の買収で得たものとは

  4. 運用管理

    リモートワイプ以外も充実、最新MDMのデバイス管理機能 担当者が知っておくべき3つの新常識

  5. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]