編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

NTTデータとVMware、仮想化ソフトウエアのライセンス販売とコンサルティングで包括契約を締結

CNET Japan Staff

2006-07-23 00:02

 NTTデータとヴイエムウェアは7月21日、ヴイエムウェアの仮想化ソフトウエア「VMware」製品のライセンス販売およびコンサルティング業務などについて、ディストリビュータ契約およびVMware認定コンサルティング(VAC)パートナー契約を締結したことを発表した。

 契約締結に伴い、NTTデータは2006年7月よりVMware製品のライセンス販売、導入コンサルティングから開発、保守・運用までのサービス提供を開始した。なお、正式な契約はディストリビュータ契約が6月20日、VACパートナー契約が7月11日に交わされている。

 この契約でNTTデータは、同社グループとしてのVMware製品のライセンス販売、およびVMware製品に関するコンサルティング、VMware製品を適用したシステムの提供において、今後3年で50億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]