編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アシストと山口菱洋システム、GISと「WebFOCUS」の連携で視覚的な情報活用を実現

CNET Japan Staff

2006-07-26 20:05

 アシスト山口菱洋システムは7月26日、GIS(地理情報システム)とウェブレポーティングツール「WebFOCUS」(開発元:Information Builders)を連携させたデータ活用システム構築の分野で協業することを発表した。

 アシストが提供するWebFOCUSは、企業の現場力向上のための情報活用の仕組み「オペレーショナルBI」を実現するウェブレポーティングツール。海外4500ライセンス、国内では金融、通信、製造業などを中心に412社の顧客企業に導入されている。

 WebFOCUSは、ESRIが提供するインターネット情報公開用ウェブGIS「ESRI ArcIMS」と連携するためのアダプタ「WebFOCUS GIS Adapter for ESRI ArcIMS」を提供することで、空間および位置情報からのレポート生成や、レポート情報を地図ベースにリアルタイムに変換する双方向の情報活用を実現する。

 山口菱洋システムでは、山口県内で双方向データ活用に関する案件が増えていることから、アシストのWebFOCUSとESRI ArcIMSを連動させた「GBIS」ソリューション構築を推進することを決定した。この発表によりアシストは、WebFOCUSに関する販売、技術サポート面を提供する。

 GIS Adapter含む最小構成価格は289万円(税別)より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]