日本オラクル、オラクルユニバーシティ強化でORACLE MASTER 10g Platinum取得者を拡大

山下竜大(編集部) 2006年08月31日 20時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは8月31日、同社の研修サービス部門である「オラクルユニバーシティ」における2007年度のビジネス戦略について明らかにした。日本オラクルでは、研修の質をさらに向上することで、Oracle Database 10g資格の新規取得者8000人、ORACLE MASTER 10g Platinum資格の新規取得者100人を獲得し、年間売り上げ20億円(対前年比1.2%増)を目指している。

 ORACLE MASTERは、日本オラクルがオラクル製品に関する技術者を認定する教育プログラム。2006年6月1日現在、資格保有者数は15万3000に上るという。同社では、今年度の取り組みとして、Oracle 10g研修コースをこれまでの1.5倍にあたる60種類に拡大するほか、職種/技術レベルに応じた研修コースを提供するなど、3カ月で従来比1.2倍となる240コースを開催する予定という。

 また、これまでの製品ごとの研修に加え、ライセンス部門との連携を強化。グリッドやSOA(サービス指向アーキテクチャ)、セキュリティ、ビジネス・インテリジェンス(BI)、コンテンツ管理の5つの分野に対応した研修コースを開始する。さらに、Oracleが買収したPeoplesoftやSeibelの製品を日本市場に展開する日本オラクルインフォメーションシステムズとの連携も強化し、両社の顧客のニーズに合った研修コースも提供する計画だ。

日本オラクルの保々氏 日本オラクルの執行役員オラクルユニバーシティ本部長、保々雅世氏。

 日本オラクルの執行役員オラクルユニバーシティ本部長、保々雅世氏は、「景気の回復に伴い、IT要員数と給与が増加傾向にあるが、複数のスキルセットを持つコンサルタントエンジニアは相変わらず不足している。そこで、顧客のニーズに合った研修プログラムを提供することが重要。中でもORACLE MASTERは、営業上の効果が高い資格として各方面から高く評価されている」と話す。

 ORACLE MASTERは、Oracle製品の実務エキスパートを実技試験によって認定する「ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g」、Oracle Database 10gを効率的に運用するための知識を有する技術者を認定する「ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g」、データベース管理者として必要な知識を持つ技術者を認定する「ORACLE MASTER Silver Oracle Database 10g」、データベース管理者の指導によりOracle Database 10gを管理できる技術者を認定する「ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 10g」、Oracle Application Server 10gの基本的な知識と技術を認定する「ORACLE MASTER Silver Oracle Application Server 10g」の5つの認定で構成されている。

 2006年7月より提供が開始されたORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10gは、ORACLE MASTERの最上位資格となるもの。資格の取得には、大規模なデータベース構築やシステム統合を実現できる実践的な能力が必要となる。Oracle 9iからスタートしたPlatinum認定は、すでに日本で190名が取得しているという。

日本オラクルの杉山氏 日本オラクルのオラクルユニバーシティ ビジネス推進部 シニアディレクターの杉山真理子氏。

 Platinum認定を取得することで「Platinum Club」の会員となり、最新研修コースのプレビューや特別研修コース、各種イベントなどへの招待、専用サイトや専用メールの使用など、さまざまな得点を利用することが可能。1年を通じてその活動が認められたオピニオンリーダーには、「Platinum of the Year」アワードが贈られ、受賞者はサンフランシスコで開催されるユーザーカンファレンス「Oracle OpenWorld」に招待される。

 オラクルユニバーシティ ビジネス推進部 シニアディレクターの杉山真理子氏は、「ORACLE MASTER 10g GoldやORACLE MASTER 10g Platinumの取得推進メニューを強化するほか、ORACLE MASTER 9i PlatinumからORACLE MASTER 10g Platinumへの移行試験も準備している。ORACLE MASTER 10g Platinum取得者を拡大するためのサービスを拡充していきたい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化