編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

日本オラクル、SOA統合ソフト「Oracle SOA Suite 10.1.3.1」のプレビュー版を公開

ニューズフロント

2006-09-04 21:13

 日本オラクルは9月4日、サービス指向アーキテクチャ(SOA)環境を実現する統合ソフトの最新版「Oracle SOA Suite 10.1.3.1」について、開発者向けプレビュー版の公開を開始した。同社のウェブサイトから無償でダウンロードできる。

 Oracle SOA Suiteは、SOA対応ミドルウェア「Oracle Fusion Middleware」を統合したパッケージ製品。各種機能が一体化しているため、SOA導入にかかる時間を劇的に短縮できるという。Enterprise Service Bus機能やWebサービス管理機能なども備える。

 最新版は、Webサービスやビジネスプロセスを調停実行する「Oracle BPEL Process Manager」、Webサービス管理ポリシーを一元的に定義できる「Oracle Web Services Manager」、ビジネスルールをアプリケーションコードから分離して管理、実行する「Oracle Business Rules Engine」、サービス間の単純連結やサービスの仮想化を実現する「Oracle Enterprise Service Bus」といったモジュールで構成する。

 また、日本オラクルは、SOA対応の無償開発ツール「Oracle JDeveloper」の開発者向けプレビュー版も公開した。同社のウェブサイトからダウンロードできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]