セールスフォース、オンデマンド開発言語「Apex」など大型発表相次ぐ--Dreamforce '06にて

藤本京子(編集部) 2006年10月10日 17時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comは10月9日、米国サンフランシスコにて「Dreamforce '06」を開幕した。約5000人の参加者を前に基調公演を行った同社 会長 兼 CEOのMarc Benioff氏は、Salesforceの提供するプラットフォーム上でアプリケーションを開発する際に利用できる開発言語「Apex」を発表した。

 Apexは、Salesforceのオンデマンドプラットフォーム上で動作するプログラムを開発するための言語。さまざまなアプリケーションをマッシュアップして組み合わせるツールとしては、すでに1年前のDreamforceにて「AppExchange」が発表されていたが、Apexはより自由にSalesforce上でアプリケーションを開発するための言語となる。

Benioff氏 Dreamforce '06の基調講演に立つCEOのMarc Benioff氏

 「ユーザーは、Salesforceのアプリケーションに直接自分のコードを書き加えたい、Salesforceのエンジニアと同じように自由度を持ってオンデマンドアプリケーションの開発を進めたいと考えている。Apexを使えば、例えばSalesforceのアプリケーションで特定のボタンをクリックした時に特定の動作をするようカスタマイズするといった小さな機能の変更はもちろん、複雑なトランザクションを必要とする大規模なアプリケーションを開発することもできる」(Benioff氏)

 Apexでは、アプリケーションの開発や運営のためにデータセンターやOSといったインフラを用意する必要はなく、ウェブ上ですべての開発が行える。そのためエンジニアは、開発の中核部分のみに注力できる。Apexで開発されたアプリケーションは、AppExchange上で公開することも可能だ。

オンデマンドCRM最新バージョン「Winter '07」

 基調講演にてBenioff氏は、同社の提供するオンデマンド型CRMの最新バージョンとなる「Winter '07」も発表した。21回目のアップデートとなる最新バージョンには、さまざまな機能が追加されている。

 まずCRMやSFAの分野で強化された点としては、アプリケーション全体がAjax対応となり、カレンダーにポップアップリマインダが表示されるようになったことや、ワークフローや承認プロセスがルール付けによって自動化できること、「Lotus Notes」に対応したことなどだ。

 サービスおよびサポート分野に向けては、新たにコールセンター版が登場した。Cisco SystemsやNortel Networks、Avayaなどのコールセンター製品に対応したこのコールセンター版では、カスタマーサービスにかかってきた電話番号から顧客情報が表示され、その顧客が利用しているIT環境やサポートレベル、過去のサポート内容などが瞬時に参照できる。

 マーケティング関連では、Googleのオンライン広告「Adwords」と統合された「Salesforce for Google Adwords」が用意されている。キーワードの購入や広告文の編集、Adwordsに費やす予算や売上の管理など、Adwordsに関するさまざまな管理がSalesforce上で可能となる。

 また、Salesforceの機能追加ロードマップを公開し、ユーザーがその機能についての意見を投票するフォーラム「IdeaExchange」も提供する。このフォーラムでは、Salesforceがユーザーの意見を集め、追加する可能性のある機能をリスト化し、公開する。ユーザーはその機能に対して投票を行い、票が多ければロードマップの優先順位も高くなる。

 もちろん、こうして公開された機能をユーザー自らが開発したい場合は、Apexを利用して開発することも可能だ。Salesforce.comのCOO、Phill Robinson氏は「MicrosoftやOracleにも多くの開発者がいるが、社内のリソースにはどうしても限りがある。Apexを提供することで、Salesforceのユーザーすべてが開発者となることができ、イノベーションの加速につながる」としている。

 Benioff氏は、「リサーチ会社のGartnerは、2011年までにビジネスソフトウェアの25%はSaaSモデルになると予測している。投資銀行のTripleTreeはより強気な見方をしており、2009年にSaaSはソフトウェア全体の40%にまで成長すると見ている。その中で、今こそがApexを提供するのに最適な時期だと考えている」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化