編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

IBM、仮想化技術を活用したサービス製品を発表--PC環境をサーバに集約

CNET Japan Staff

2006-11-06 23:22

 米IBMは米国時間10月31日、企業が仮想化技術を活用して職場のIT利用を簡便にするサービス製品「Virtual Infrastructure Access(バーチャルインフラストラクチャアクセス)」を発表した。

 新製品は、サーバレベルで集約されたパーソナルコンピューティングを実現し、エンドユーザーはセキュアな環境でアプリケーション、情報、およびリソースにアクセスできるようになる。

 今回発表されたサービス製品の一環として、IBMグローバル・テクノロジー・サービスのエンドユーザーサービス部門が、コンサルティング、評価、計画、設計、および実装を行う仮想インフラの導入支援サービスを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]