東急ストアで「生鮮市場商品発注システム」が完成--ウェブEDIでリアルタイムに情報共有

CNET Japan Staff

2006-11-07 12:57

 日本ユニシスは11月6日、東急ストアの水産部門と青果部門を対象に「生鮮市場商品発注システム」を構築したことを発表した。システムは、東急ストア全店ですでに稼働している。

 新システムは、中央・地方市場との緊密な情報連携を実現し、高鮮度な商品の発注を効率的に行っていくことで競合他社との差別化を図る仕組みを実装。店舗、本部をネットワークで結び、荷受、仲卸各社とはーネットを利用したウェブEDIを利用することで、相互に相場情報や連絡事項、買付情報などのリアルタイムな情報共有を実現した。

 また、伝票処理を電子化することで、発注、原価確定、商品配送、仕入計上に加えて、荷受け・仲卸による納品確認、請求、支払いまでのサプライチェーン全体を効率化しているという。

 なお、同システムは日本ユニシスのチェーンストア向けソリューション「OpenCentralplus(オープンセントラルプラス)生鮮Web連携」をベースに構築されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]