編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

サンハヤト、2chモータドライバモジュールにフリースケールの「MPC17531」を採用

CNET Japan Staff

2006-11-15 21:52

 フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは11月15日、サンハヤトの2チャンネルモータドライバモジュールの新製品「MM-531」に、フリースケールのモータドライバIC「MPC17531」が採用されたことを発表した。

サンハヤトの「MM-531」 フリースケールのモータドライバIC「MPC17531」が採用されたサンハヤトの2チャンネルモータドライバモジュール「MM-531」。

 MM-531は、フリースケールのモータドライバICであるMPC17531を周辺回路とともに圧入ピンを使用の16Pin DIPサイズ基板に実装したモジュール。超小型ながら0.7Aの容量を持つHブリッジ回路を2チャンネル搭載。小型DCモータ、ステッピングモータの駆動を制御できる。

 フリースケールの8ビットマイクロコントローラ(MCU)を搭載したサンハヤト製CT-298 MCU評価カード、またはモニタプログラム書込み済みDIPパッケージMCU SF9S08Cと組合せることで、容易にMCUによるモータ制御回路が実現できる。

 MPC17531は、フリースケールのSMARTMOSプロセスを採用。小型パッケージでありながら高電流出力を実現した高効率な2チャンネルHブリッジパワーICで、カメラやハードディスクドライブなど、ポータブル家電製品のバイポーラステップモータやブラシモータに搭載されている。

 MM-531は、秋葉原のツクモ ロボット王国など、全国の電子部品取扱店で、2006年10月20日より販売が開始されている。

MM-531を使用したデモ フリースケールのMMA7260QT 3軸加速度センサを使用したサンハヤトのセンサモジュール「MM-2860」とMM-531を組合せたデモ。MM-2860が搭載された基盤(写真左)の傾きに合わせてメモリを動かすことができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]