KCCS、3Gデータ通信サービスの料金を一新、企業のデータ通信利用増加を受け

WebBCN (BCN)

2006-11-20 11:37

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS、森田直行社長)は、KDDIの第三世代携帯電話「CDMA 1X WIN」をKCCSの独自ブランドとして企業向けに再販したデータ通信サービス「KWINS 3G」で、サービスの料金プランを一新した。

 新料金プランの税別価格は、250000パケットの「Sパック(30MB)」が4700円(超過パケット料は0.025円/パケット)、550000パケットの「Mパック(68MB)」が6200円(同0.025円/パケット)、1100000パケットの「Lパック(136MB)」が7800円(同 0.015円/パケット)。

 高速化ツール「NET BUREAU ACCELERATOR」の税込み月額利用料は840円/ID。料金は「NET BUREAUクライアント」利用料を含む。また、高速化サーバーが別途必要になる。

 「KWINS 3G」サービスは、KCCSがオプションとして提供する高速化・データ圧縮ツール「NET BUREAU ACCELERATOR」と併用することで、イントラネット接続時のパケットを圧縮し、体感速度2-10倍の通信速度の向上とデータ量を3分の1-10分の1に圧縮することができる。

 KCCSでは、モバイルデータ通信の利用増加に伴い、サービスのコストパフォーマンス向上に対する企業の要請に応え、価格改定を実施したとしている。

京セラコミュニケーションシステム=http://www.kccs.co.jp/

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]