編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

KCCS、3Gデータ通信サービスの料金を一新、企業のデータ通信利用増加を受け

WebBCN (BCN)

2006-11-20 11:37

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS、森田直行社長)は、KDDIの第三世代携帯電話「CDMA 1X WIN」をKCCSの独自ブランドとして企業向けに再販したデータ通信サービス「KWINS 3G」で、サービスの料金プランを一新した。

 新料金プランの税別価格は、250000パケットの「Sパック(30MB)」が4700円(超過パケット料は0.025円/パケット)、550000パケットの「Mパック(68MB)」が6200円(同0.025円/パケット)、1100000パケットの「Lパック(136MB)」が7800円(同 0.015円/パケット)。

 高速化ツール「NET BUREAU ACCELERATOR」の税込み月額利用料は840円/ID。料金は「NET BUREAUクライアント」利用料を含む。また、高速化サーバーが別途必要になる。

 「KWINS 3G」サービスは、KCCSがオプションとして提供する高速化・データ圧縮ツール「NET BUREAU ACCELERATOR」と併用することで、イントラネット接続時のパケットを圧縮し、体感速度2-10倍の通信速度の向上とデータ量を3分の1-10分の1に圧縮することができる。

 KCCSでは、モバイルデータ通信の利用増加に伴い、サービスのコストパフォーマンス向上に対する企業の要請に応え、価格改定を実施したとしている。

京セラコミュニケーションシステム=http://www.kccs.co.jp/

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]