KCCS、アクセス管理ソフト「RSA ClearTrust」でウェブアプリ基盤構築事業を強化

ニューズフロント

2006-03-10 14:17

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)とRSAセキュリティは3月10日、ウェブアプリケーション基盤構築事業で協業すると発表した。これにともない、KCCSは、RSAセキュリティのウェブアクセス管理ソフト「RSA ClearTrust」の販売を手がける。

 KCCSは、統合ディレクトリ管理システム「GreenOffice Director」とRSA ClearTrustとを連携させることで、ウェブアプリケーション基盤構築事業において個人認証とアクセス権限管理分野の強化を図る。KCCSでは「複雑なウェブアプリケーション環境で、IDやアクセス管理の一元化によるセキュリティ強化、プロビジョニングによるTCOの削減、シングルサインオンによるユーザビリティの向上に貢献する」としている。

 また、企業の社会的責任(CSR)に則した企業システムの実現と、法令順守(コンプライアンス)ソリューションへの取り組みを推進するとともに、EIPやグループウェアなどのシステム統合事業も展開する。こうした活動により、KCCSは1年間で1億5000万円の売上高を目指す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]