編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Solaris/SPARCアプリを無修正でLinux/Xeon環境に移行するソフトが登場

ニューズフロント

2006-12-11 14:25

 ネットワールドは12月8日、Solaris OS/SPARCプロセッサ用アプリケーションをLinux/Xeonプロセッサ環境で利用可能とするソフト「QuickTransit for Solaris/SPARC to Linux/Xeon」の出荷を開始した。Linux/Itanium 2プロセッサ環境向けの「QuickTransit for Solaris/SPARC to Linux/Itanium」は、2007年第1四半期に出荷を開始する予定。

 同ソフトは、Solaris OS/SPARC環境用のアプリケーションをLinux/インテル製プロセッサ環境で動かすためのソフト。米Transitiveのハード仮想化技術「QuickTransit」を利用しており、対象アプリケーションのソースコードやバイナリデータを変更する必要がない。アプリケーションの機能や操作性が変わらないため、移行後のユーザーサポートにも影響しないという。

 また、QuickTransit for Solaris/SPARC to Linuxは、64ビットx86システム上のVMware仮想インフラ環境で稼働する。ネットワールドでは、「SPARC版Solarisアプリケーションを(x86システムに)統合し、サーバ運用管理の効率化とサービスの可用性を大幅に向上できる」としている。

 QuickTransit for Solaris/SPARC to Linux/Xeonの価格はオープンとし、保守費用込みの年間ライセンス制で提供する。Linux/Itanium 2向け製品の価格は未定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]