日本BEA、EPCIS準拠のRFID新製品「BEA WebLogic RFID Enterprise Server 2.0」を発表

山下竜大(編集部) 2006年12月13日 01時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズは12月12日、EPCglobalが標準化を進めている国際標準「EPCIS(Electronic Product Code Information Services)」の最新仕様を実装したエンタープライズクラスのRFID開発基盤を実現するための新製品「BEA WebLogic RFID Enterprise Server 2.0」の出荷を開始したことを発表した。価格は、1CPUあたり1138万5000円(税別)となる。

 BEA WebLogic RFID Enterprise Server 2.0は、同社のJavaアプリケーションサーバ製品である「BEA WebLogic Server 9.2」の上に実装されるRFID開発基盤製品。小売店や倉庫、データセンターなどのエッジ(末端)で集められたRFIDイベントデータの集中管理を可能にする。

 また、EPCglobalのApplication Level Event(ALE)に準拠した「BEA WebLogic RFID Edge Server」と組み合わせることで、企業および取引先全体の、人員、各種プロセス、アプリケーションおよびシステム間のギャップを容易に埋めることが可能になる。

 これにより、RFIDソリューションと既存のSOA(サービス指向アーキテクチャ)インフラを容易に統合できるほか、拡張された機能性により、業務プロセスの可視性と管理性を高めると共に、安全で信頼性の高いエンタープライズクラスのRFIDソリューションを実現できる。

 新製品では、2007年1月に標準仕様が正式に承認されるEPCIS 1.0の最新ドラフト仕様に準拠した 「EPCISリポジトリサービス」「EPCプロビジョニングサービス」の2つの機能に加え、4つの新機能、「集中管理」「レポーティング・フレームワーク」「データ交換」 「マスタデータサービス」が新たに追加されている。

 新たに追加された機能である集中管理では、分散環境における複数のEdgeを一元管理することが可能。レポーティング・フレームワークでは、他社製の分析ツールなどと連携することができる。また、データ交換では、標準プロトコルであるAS2をサポート。AS2によるクエリが可能になる。さらに、マスタデータサービスでは、ロケーション、読み込み場所、モノや業務の状態名などをマスタに登録できる。

 機能強化されたEPCISリポジトリサービスは、RFIDからのイベントデータを保存するためのリポジトリ。「なにが」「いつ」「どこで」「なぜ」の4つの観点からのデータモデルを管理することが可能。リポジトリには、Oracle Database、IBM DB2、Sybase Adaptive Server Enterprise、Microsoft SQL Serverなどが利用できる。

 そのほかEPCプロビジョニングサービスでは、異なった場所や異なったタグ印刷プリンタにまたがって、ユニークなシリアルナンバーを割り当てることができる。

BEAのKenneth R. Traub氏 BEA Systems RFID&Edge Server担当CTOでPhDでもあるKenneth R. Traub氏。

 来日したBEA SystemsのRFID&Edge Server担当CTOでPhDでもあるKenneth R. Traub氏は、「BEAは、2004年2月にEPCglobal ALE 1.0に準拠した商用製品であるBEA WebLogic RFID Edge Serverを、2006年10月にEPCglobal EPCIS 1.0(最終ドラフト)に準拠した商用製品であるBEA WebLogic RFID Enterprise Serverを他社に先駆けて提供し、すでに顧客企業のシステムに実装した実績がある。EPCglobal標準では、今後もリーダーシップを発揮していきたい」と話している。

 なお、日本BEAシステムズのウェブサイトから、BEA WebLogic RFID Enterprise Server 2.0の無料評価版をダウンロードすることができる。

 日本BEAシステムズは12月6日に、インターネットイニシアティブ(IIJ)と共同で、RFID向けアーキテクチャ「RFID 2.0」に対応する技術プラットフォームを提供することも発表している。この発表により両社は、EPCglobal規格準拠のネットワーク技術とミドルウェア製品を連携させることで、企業におけるRFIDシステム構築を加速することを目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化