編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

津市役所、住民情報系システムDBをIAサーバ「PRIMEQUEST」で刷新

CNET Japan Staff

2006-12-23 02:18

 富士通はこのほど、三重県津市役所が住民情報系システムのデータベース(DB)サーバを同社の基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」で刷新したと発表した。

 津市は、2006年1月の津地区10市町村による市町村合併にむけて、合併前の2004年から倍増する人口に備え、住民情報系システムのDBサーバを8CPUのPCサーバ2台によるクラスタ構成としていた。

 その後、電子自治体への対応や行政サービス時間の延長・行政サービス拠点の拡大など、将来の行政サービスのいっそうの拡大を見込み、より高性能、高信頼なDBサーバへの刷新の検討が行われた結果、メモリやチップセット、クロスバーなど主要ハードウェアを二重化し同期動作させる「システムミラー機構」によりメインフレーム並の信頼性をもつPRIMEQUESTを採用することになっている。

 システム構成は、ウェブアプリケーションサーバにPCサーバ「PRIMERGY RX200」15台、DBサーバに「PRIMEQUEST 440」1台(OSはMicrosoft Windows Server 2003、DBソフトはMicrosoft SQL Server 2000)、ストレージに「ETERNUS3000モデル300」1台。新システムは、2006年7月から稼働している。

 従来のDBサーバは、32ビットプロセッサを8個搭載したPCサーバで運用されていたが、64ビットの「インテル Itanium 2 プロセッサー」を16個搭載したPRIMEQUEST 440へ移行したことで、新システムは業務のピーク時でも従来システムと比較し、約半分のCPU使用率で2倍以上の処理性能を備えているという。

 津市の住民情報系システムは、津市の行政サービス提供の基盤となるミッションクリティカル・システムであり、住基系システム(住民記録システム、総合証明システム、印鑑システムなど)、税系システム(法人市民税システム、収納システムなど)、福祉系システム(福祉総合システム、健康管理システムなど)からなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]