フィードパス、ウェブベースの情報交換共有ツール「Zebra」を先行提供

ニューズフロント

2006-12-25 14:22

 フィードパスは12月25日、ウェブベースの情報交換・共有ツール「feedpath Zebra」(ベータ版)を、ガーラをはじめとする一般企業数社や複数のサービスプロバイダへの先行提供を始めたと発表した。

 Feedpath Zebraは、米Zimbraの「Zimbra Colloaboration Suite」を日本語化した製品。フィードパスが、SaaS(Software as a Service)モデルおよびライセンスモデルの国内販売を行う。

 ウェブ上でメール、スケジューラ、アドレス帳、Wiki、検索といった業務に必要な情報交換・共有機能を提供する。フィードパスによると、メール一画面ですべての業務を完結できるという。

 対応OSは、WindowsおよびMac OS Xとなる。全機能を備える「Zebra Black」と、スケジューラやWiki機能を省いた「Zebra White」を用意する。

 SaaS版の税別価格は、初期費用が10万円、1アカウント当たりの月額費用が1280円(Zebra White)または2480円(Zebra Black)。

スクリーンショット feedpath Zebraのメールのスクリーンショット

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]