編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

DNP、ICタグ認証でパソコン画面の盗み見を防止するセキュリティシステム

WebBCN (BCN)

2007-01-16 10:54

 大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は1月15日、ICタグの認証でパソコン画面をロックし、第三者による盗み見を防止するセキュリティシステム「HandyLock」を1月中旬に発売する。

 管理用ソフトとWindows常駐型の画面ロックソフト、ICタグリーダー、ICタグで構成。パソコンに画面ロックソフトをインストールし、ICタグリーダーを接続して利用する。

 Windowsのログオン後、自動的に画面ロック状態に移行する。パソコンに登録したICタグをリーダーにかざしてロックを解除すれば、通常通り使用できる。席を離れる時はリーダーからICタグを取り外して画面をロックし、第三者による盗み見を防止する。

 価格は100台のパソコンを300人の従業員で共用する場合で128万円。管理ソフト(1ライセンス)、画面ロックソフト(100ライセンス)、ICタグリーダー(100台)、ICタグ(300枚)を含む。また、個人や小規模企業向けに、画面ロックソフトとICタグリーダー、ICタグ3枚を組み合わせたスタンドアロン版も提供する。価格は9800円。07年度で導入企業数300社、売上1億円を見込む。

大日本印刷=http://www.dnp.co.jp/

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]