メガソフト、エディタ「MIFES」最新版--最大2Gバイトのファイルも編集

エースラッシュ

2007-01-31 08:01

 メガソフトは1月30日、テキストエディタ「MIFES」の最新バージョンにあたる「MIFES8」を発売すると発表した。

 MIFES8は内部構造を改革することによって、前バージョンに比べて最大で50倍の処理速度アップが実現された。扱えるファイル容量も、最大2Gバイトと大きくなっている。

 また、中国語や韓国語をはじめとするシフトJISには含まれないUnicode特有の文字も扱えるようになっているほか、ファイル比較やCSV整形ツールといったテキスト編集を高速化するための機能が盛り込まれている。外出先のPCなどでも利用できるよう、USBメモリから起動して利用できる簡易版を作成する機能も追加された。

 すでに2006年11月からベータ版の配布は開始されていたが、正式版はダウンロード版が2月14日、パッケージ版が2月23日からの発売が予定されている。価格は2万4800円だ。

スクリーンショット ファイルの相違部分を色を変えて表示できる

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]