編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

中堅企業の運用管理ソフト市場、JP1がトップ--ノークリサーチ調べ

CNET Japan Staff

2007-02-19 21:01

 ノークリサーチはこのほど、2006年の中堅企業(年商50億円〜300億円)市場における運用管理ソフトの実態調査結果を発表した。

 同調査によると、運用管理ソフトを「導入している」のは17.7%、「導入を検討している・関心がある」は35.2%、「導入予定なし」が47.1%。年商100億円以下の企業では、導入率10.9%、「導入予定なし」の回答が56.9%に達した。

 機能別に見ると、「導入済み・構築中」ツールでは、「バックアップ管理」が最もポイントが高く46.9%、次いで「ソフトウェア資産管理・配布管理」(24.3%)、「ジョブ管理」(23.6%)となる。「導入に前向き」なのは「バックアップ管理」(89.2%)、「セキュリティ管理」(86.1%)「ソフトウェア資産管理・配布管理」(80.8%)の順。

 シェアは、日立製作所のJP1が33%でトップ。2位には富士通のSystemwalkerが24.3%でつけた。引き離された3位はIBMのTivoliで7%。僅差の6.1%にHPのOpenViewが続く。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]