編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NTTソフト、OSSのIP-PBXソフト「Asterisk」のビジネス展開で米社と提携

CNET Japan Staff

2007-04-10 13:25

 NTTソフトウェアは4月9日、米Digiumと「ProgOffice」および「Asterisk Business Edition」の発展に向け、パートナー契約を締結したと発表した。

 両社は、米DigiumのオープンソースIP-PBXソフトウェア「Asterisk」のプロフェッショナル版「Asterisk Business Edition」を搭載したモバイルセントレックスソリューション「ProgOffice」を商品化することで協力していた。

 今回のパートナー契約でNTTソフトウェアは、同分野でのビジネス強化を図る。一方の米Digiumは、知名度の向上を図る。

 Asteriskは、従来のテレフォニーインターフェースで音声の処理・送信を扱う幅広いTDMプロトコルをサポート、SIPやLAXなど、さまざまなVoIPパケットプロトコルが組み込まれている。また、ビジネスフォンシステムで使われている欧米の信号の標準タイプをサポートし、次世代の音声データ統合ネットワークと既存インフラの橋渡しをする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]