編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

オートデスク、AutoCADとの連携機能を強化した「AutoCAD Map 3D 2008」

WebBCN (BCN)

2007-04-13 11:38

 オートデスク(鬼澤盛夫社長)は、CADソフト最新版「AutoCAD 2008」をベー スにした地理空間情報ソリューション「AutoCAD Map 3D 2008」日本語版を発 売した。

 地理上の位置情報を手がかりに、電力やガス、水道、通信、道路、鉄道など のライフライン事業の施設・設備の作成、維持管理が行えるエンジニアリング GISプラットフォーム。今回「AutoCAD 2008」との連携機能をさらに強化し、 名称をこれまでの「Autodesk Map 3D」から「AutoCAD Map 3D 2008」に変更し た。

 最新版では、CAD、GIS、ラスターデータ形式に高速でネイティブにアクセス できるほか、AutoCADのユーザーインタフェースを介して、GISデータのより緻 密な編集が可能になった。GIS解析機能や、オープンソースソフトウェア「MapGuide」を介したWebパブリッシング機能なども強化した。

 価格は、スタンドアロン版が75万8100円、「Autodesk Map 3D 2007」からの アップグレード版が13万4400円、「AutoCAD 2007」からのクロスグレードが23万2050円、サブスクリプション(年間契約のソフトウェアメインテナンスプロ グラム)が10万7100円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]