編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

NEC、iDC市場向けサーバ「Express5800/iモデル」を発表、OSSサポートも強化

CNET Japan Staff

2007-05-22 16:52

 NECは5月25日、同社のx86サーバ「Express5800シリーズ」に、データセンター市場向けの新製品「Express5800/iモデル」4機種を投入した。同日より、販売活動をスタートしている。併せて、事業者の初期コスト削減を目的に、Linuxサポートサービス商品「LinuxサービスセットLite」を商品化し、提供を開始した。

 「Express5800/iモデル」は、特にデータセンター市場でのニーズが高かったという「省電力」「省スペース」の実現が特長とされている。省電力については、一般モデルに比べて最大で約60%の削減を実現しており、新製品4機種とも1Uサイズにすることで設置スペースの効率化を図っている。特に「Express5800/i110Ra-1h」「同/i110Rb-1h」の2機種は、CPUに「インテル Pentium Mプロセッサー」および「Core Duoプロセッサー」を搭載し、奥行きが35.5cmと、1Uサーバの半分を実現している。

 うち3機種には、遠隔地からウェブブラウザを介してリモート操作が可能なサーバ管理チップ「EXPRESSSCOPEエンジン」を標準で搭載。サーバOSの種類や稼働状況に関係なく、遠隔地からの電源ON/OFF、サーバ障害時の監視、通報機能、サーバコンソール画面の遠隔表示機能、管理PCのFDDやCD/DVD-ROMドライブを仮想的にサーバドライブとして使用できる機能などを実現している。

Exrepss5800/iシリーズ 奥行きで従来の半分まで省スペースを実現した「Express5800/i110Rb-1h」(左)と、デュアルコアXeonプロセッサー搭載の「Express5800/i120Rg-1」(右)。

 また新モデルの発表に併せて、NECではOSSサポートの強化を発表している。

 「LinuxサービスセットLite」は、事業者の初期コストを削減を目的に、Red Hat Enterprise Linux v.4 ESに 3年間のRed Hat Networkサブスクリプションを添付し、従来比約30%の低価格で提供するもの。「Express5800/i120Rg-1」には、「LinuxサービスセットLite」のプレインストールモデルも用意する。さらに今後、FreeBSDやCent OSなど9種類のオープンソースOSの動作確認を実施し、Express5800シリーズの情報サイト「8番街」で情報提供を行っていくという。

製品名 希望小売価格 出荷時期 構成/備考
■Express5800/iモデル
Express5800/i110Ra-1h 82万8000円〜 5月28日 Pentium Mプロセッサー 740(1.73GHz)/Pentium Mプロセッサー 760(2GHz)、512Mバイトメモリ、ディスクレス
Express5800/i110Rb-1h 13万8000円〜 5月28日 CoreDuo T2500(2GHz)、512Mバイトメモリ、ディスクレス
Express5800/i110Rh-1 14万9000円〜 5月28日 デュアルコアXeonプロセッサー3040(1.86GHz)、512Mバイトメモリ、ディスクレス
Express5800/i120Rg-1 23万円〜 5月28日 デュアルコアXeonプロセッサー5110(1.60GHz)/低電圧版デュアルコアXeonプロセッサー5148(2.33GHz)、1Gバイトメモリ、ディスクレス
Express5800/i120Rg-1
Red Hat Enterprise Linux v.4 ESプリインストールモデル
35万5000円〜 5月28日 デュアルコアXeonプロセッサー5110(1.60GHz)、1Gバイトメモリ、ディスクレス、RHEL v.4 ESサブスクリプション3年間、2インシデント
■Linuxサポートサービス
LinuxサポートサービスLite 15万円〜 5月28日 RHEL v.4 ES サブスクリプション3年間、2インシデント

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]