編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Apollo改めAIR、Dreamweaverで開発可能に

大野晋一(編集部)

2007-06-12 16:12

 Adobe Integrated Runtime(AIR)をAdobe Dreamweaver CS3で開発するための拡張機能「Adobe AIR Extension for Dreamweaver Beta 1」がAdobe Labsで公開された。Dreamweaver内でAIRアプリケーションのパッケージングやプレビューが可能となる。

 AIR Extension for Dreamweaverを使えば、ウェブサイトを作った経験のあるデザイナーやコーダーが、これまでと同様のやり方でデスクトップアプリケーションを作成になる。CやC++、Javaといった「難しい」言語を学習することなくデスクトップアプリケーションが作成可能なAIRの特徴を強力にサポートするものだ。アドビの用意するドキュメントでもHTMLコーダーのための解説が用意されている。

 AIR Extension for Dreamweaverの利用にはWindows XP、Vista、Mac OS X 10.4とDreamweaver CS3が必要。CS3より前のバージョンではサポートされない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]