編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

SOBA、ウェブサイトに会議システム「SOBA mieruka」を組み込むAPIを提供

田中好伸(編集部) 吉澤亨史

2007-06-19 19:49

 SOBAプロジェクトは、同社がASP型サービスとして提供しているウェブ会議システム「SOBA mieruka」が装備するビジュアルコミュニケーション機能を他のウェブサイトから利用できるWeb API「SOBA Web API 1.0」を6月21日から提供開始する。

 SOBA Web API 1.0は、おもにウェブサイト開発者向けに提供されるWeb API。グループウェアやブログ、SNSなどといったウェブサイトとmierukaを連携させることができるほか、独自のインターフェースを備えるウェブ会議サイトなどを構築することも可能。

 具体的には、たとえばグループウェアのスケジューラ内にURLを登録することで、そのリンクをクリックするとmierukaのウェブ会議画面が開き、直接会議に参加することができる。また、SNSやブログのプロフィールにURLを登録することで、ウェブサイト内から映像や音声を使ったリアルタイムなコミュニケーションを行うことも可能になる。

 SOBAプロジェクトでは、SOBA Web APIのユーザー登録を行うことで、LAN内での利用に限定して90日間、2ユーザーアカウントを無料で提供する。なお、mierukaの正規契約企業は、事前登録なしに制限なく「SOBA Web API」を利用できる。また、本サービスの利用方法に関するドキュメント、意見交換や問い合わせができる公式サポート掲示板などを備えたコミュニティーサイトも開設している。

 今回のWeb API公開背景について、同社の取締役副社長の乾和志氏は、「mierukaを自社のシステムに組み込みたいという要望はユーザーから上がっていた。しかし、いちから開発するのは大変というユーザーの声も聞いていた。今回の公開は、こうしたユーザーのニーズに応えたもの」と説明している。

 現在、mierukaも含めたウェブ会議システムの製品が市場に投入されている。mieruka以外の製品は基本的にFlashをベースにしたものだ。Flashをベースにしたウェブ会議システムでは、専用のサーバを構築する必要がある。こうしたことから乾氏はmierukaのメリットとして「専用のサーバを構築しなくてもいい」と話している。

 またmierukaは、PtoPフレームワーク「SOBAフレームワーク」を基盤にしている。SOBAフレームワークを基盤にしていることで、「エンドツーエンドの暗号化ができる。これもmierukaの他社製品よりも優れている点になる」(乾氏)。

スクリーンショット mierukaを利用したウェブ会議システム

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]