編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

KDDI、法人向けリモートアクセスサービスにデータ高速化オプションを追加

吉澤亨史

2007-06-27 09:29

 KDDIは6月26日、法人向けリモートアクセスサービス「CPA」に、ウェブサイトへのアクセスやファイルの送受信時間を最大5分の1に短縮できる「CPAデータ快速オプション」を8月中旬から追加すると発表した。月額利用料は無料。

 法人向けのリモートアクセスサービスであるCPAは、auのパケット通信サービス「PacketWIN」「PacketOne」を利用し、外出先からのイントラネットアクセスやインターネットプロバイダーのモバイル用アクセスポイント、また運用管理・テレメトリングのネットワークとして利用できるサービス。

 新たに追加されるCPAデータ快速オプションは、ユーザーの設備とリモートアクセスポイントとの間をつなぐKDDI設備内で、CPA網の専用サーバを経由するというもの。これによりプロトコル最適化や、データ圧縮などの技術が適用され、ウェブサイトへのアクセスやファイルの送受信時間を最大5分の1に短縮できる。

 利用料金は、初期費用(アドレス設定工事費)として5250円が必要になるが、月額利用料は無料となる。また、PCに専用クライアントソフトをインストールするだけで利用できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]