編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

米オラクル、四半期決算発表--増収増益の好決算

尾本香里(編集部)

2007-06-27 14:10

 Oracleは米国時間6月26日、会計年度2007年第4四半期(3-5月期)決算を発表した。

 発表によると、第4四半期の売上高は、前年同期比20%増の58億2800万ドル、純利益は同23%増の16億400万ドル、1株利益は31セントだった。

 また通期では、前年同期比25%増の売上180億ドル、同26%増の純利益42億7000万ドルを計上している。

 同社の社長Charles Phillips氏は、業績が良好だった理由に同社の買収戦略を挙げている。声明でPhillips氏は「ソフトウェアライセンス収入がOracleでは過去12カ月間で32%も拡大した。それに対し、SAPのライセンス収入は直近の年度において伸びが鈍化し、10%となっている。イノベーションと買収を組み合わせるOracleの戦略は明らかに、1970年代のプロプライエタリなプログラミング言語を使って、すべてを自分たちで構築しようとするSAPの戦略より優れている」と述べている。

 また最高経営責任者(CEO)のLarry Ellison氏は「Oracleデータベースのグリッドアークテクチャのおかげで、IBMから市場シェアを奪うことができた。Gartenerが発表したデータベースの市場調査レポートでも、Oracleのデータベース市場シェアが47%に増える一方で、IBMのシェアが21%に減少したとされている。IBMはOracleのグリッドデータベースが備える信頼性やパフォーマンスを実現できていない」と述べる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]