編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

サイオス、プロジェクト管理ソフトをオープンソースで公開

柴田克己(編集部)

2007-07-04 22:17

 サイオステクノロジーは7月4日、プロジェクト管理ウェブアプリケーション「ProjectKeeper(プロジェクトキーパー)ベータ版」をオープンソースソフトウェア(OSS)として、自社ウェブサイト上で公開した

 ProjecktKeeperは、プロジェクト管理に必要とされる工程、スケジュール、人的リソース、作業進捗それぞれの管理や帳票出力の機能を備える、ウェブベースのソフトウェア。Apache LicenseによるOSSであり、ユーザーはプログラム一式、およびソースコードを無償でダウンロードして、ライセンスの範囲内で自由に利用できる。

 OSは、Windows Server 2003、Red Hat Enterprise Linux、SUSE Linux Enterprise Serverに対応。ベータ版ではその他の動作環境として、日本IBMが無償で提供するWebSphere Application Server Community EditionおよびDB2-Express-Cが必要となる。

 サイオスでは、今回公開したベータ版に寄せられた情報を反映する形で、2007年8月中に正式版となる「ProjectKeeper Ver.1.0」のリリースを計画している。正式版では、Apache TomcatやPostgreSQLなどへも対応する予定だ。

宮崎哲明氏 サイオステクノロジー、販売促進部グループマネージャーの宮崎哲明氏。

 サイオステクノロジー、販売促進部グループマネージャーの宮崎哲明氏は、現在のプロジェクト管理ソフト市場が、エンタープライズ向けの極めて高価な製品とクライアント単独もしくは表計算ソフトによる安価な製品によって2分されていると説明。ProjectKeeperでは、サーバ対応のプロジェクト管理システムへのステップアップを望んでいるが、高価なために導入に踏み切れないユーザー向けの「ミッドレンジ」の市場を積極的に開拓していくとした。

 なおサイオステクノロジーでは、ProjectKeeperの正式版より、サブスクリプション形式でのサポート提供を予定している。サポート料金は50ユーザーの場合で60万円/年。メールでのQ&A対応のほか、必要に応じたパッチ提供も行う。

ProjectKeeper オープンソースソフトウェアとして公開された「ProjectKeeper」。プロジェクト管理に必要とされる一通りの機能を備え、データはサーバで一括管理できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]