編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フリースケール、「第二回電子工作キット製作コンテスト」を開催--最優秀作品を発表

CNET Japan Staff

2007-07-10 20:48

 フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは7月10日、電子工作により「ものづくり」の楽しさを体感してもらうことを目的とした8ビットマイクロコントローラを使用した電子工作キット製作コンテストの最終審査会ならびに表彰式を開催した。同コンテストは、2006年に続き2回目の開催となる。

 2007年7月9日に行われた最終選考会では、全国から応募され、一次審査を通過した16作品の中から、最優秀賞、各部門賞、審査員特別賞、ならびにツクモロボット王国賞が決定された。

 審査員は、デンソー 専務取締役 情報安全事業グループ総括の加藤光治氏、九十九電機 代表取締役社長の鈴木淳一氏、フリースケール本社上席副社長兼フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン代表取締役社長の高橋恒雄氏、CEポータブルグループ ゼネラルマネジャーの薄井明英氏が務めた。

 最優秀賞は小寺匠氏が作った「カラーフロッグ」が、初心者向け部門賞は濱原和明氏の「Ir-Spider」、中級者向け部門賞は川野亮輔氏の「遊歩ロボット・ニジーク」、 上級者向け部門賞は飯塚 連也氏の「HCS08マイコンゲーム機“くもくん で ゲーム機つくろうよ”」が選ばれている。

 また、審査員特別賞は山王丸浩昭氏および大湯健介氏の「昆虫型6足歩行ロボット」が、ツクモロボット王国賞には濱原 和明氏の「Rolling Mouse(ゴロゴロマウス)」が選ばれた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]