編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

SkypeとIP PBXとの統合を実現するソフトウェアソリューション - (page 2)

文:Deb Shinder 翻訳校正:吉井美有

2007-07-24 08:00

SkyStoneの代替製品

 「PSGw(Personal Skype Gateway)」は、SIPもしくはH.323ネットワークとSkypeネットワークを接続するためのもう1つのソフトウェアである。その価格は安価である--最も人気のあるSIPバージョンの価格は39.95ドルという安さだ。しかし、Skypeと他のVoIPネットワークの接続は複数同時に行うことができないため、企業アプリケーションとしては、企業規模が非常に小さい場合を除いて適合しにくい。しかし、PSGwのセールスポイントとして、Asterisk PBXとともに使用できるという点がある。

 AsteriskとSkypeを統合するもう1つの方法は、Linux上で動作する「ChanSkype」である。AsteriskとSkypeクライアントをLinuxボックスにインストールすることで、SkypeOut通話を行ったり、Skypeユーザーからの電話を(同時に30通話まで)受けることができるようになる。この製品はLinuxのFedoraまたはUbuntuディストリビューション上で動作し、設定には多少ITに詳しい人間の手が必要となる。企業向けのバージョンは1ポート当たり99ドルである(個人向けのバージョンはたった19ドルだ)。

 3つめの選択肢として、NCH Swift Soundが開発した「Uplink Skype to SIP Adapter」がある。Uplinkは同社のウェブサイトからダウンロード可能であり、技術サポート無しのプロフェッショナルライセンスは1台当たり38.50ドルである。Windows 98以降のOSであれば簡単にインストールすることができる。Uplinkを用いることで、かかってくるSkype電話をPBXを介して受けたり、電話をかけるのにSkypeOutアカウントを用いたり、Skype通話とともにSIPベースのボイスメールやIVRシステムを利用することができる。

 大企業レベルでは、複数の選択肢が存在している。

  • SkyPBX Enterprise Bridge--Industry Dynamicsが提供しているアプライアンス型のソリューションであり、PSTNベースのPBXシステムをSkypeと統合する
  • XSkype--Yeastarが提供しているSkypeゲートウェイであり、16個のポートをサポートし、Windows XPまたはWindows Server 2003が稼働しているPCにインストールされたYeastarのSKY8000アナログインターフェースカードを使用する
  • VoSKY--FXO/FXS Skypeゲートウェイアプライアンスであり、Skypeでのトランキングをサポートし、大半のアナログPBXおよびIP PBXと連携することができる

まとめ

 Skypeと、あなたの会社のPBXシステムはうまく連携できないだろう考えているのであれば、その考えを改めるべきである。現在では、この2つをユーザーにとってほぼ透過的なかたちで統合できる製品が複数提供されている。さらに、こういった製品を利用することで、Skypeの低価格というメリットを享受し、企業コストを大きく削減することができるのである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]