スカイプ、携帯電話販売でGPL違反--ドイツの法廷で判決

文:Peter Judge(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部 2007年07月26日 12時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SkypeがSMCのLinux電話機でGNU General Public License(GPL) version 2に違反しているとの判決が下された。

 Skypeがソースコードを参照できない状態でLinux電話機を販売したとはGPL v2に違反すると、ドイツの裁判所は述べる。

 Skypeは、SMC製の電話端末「WSKP100」を英国やドイツをはじめとする各国で販売している。しかし、この製品では、GPLv2オープンソースライセンスが規定するように、ユーザー全員がソースコードを見られるようになっていない。

 Skypeは、ソフトウェア開発者のHarald Welte氏が運営するgpl-violations.orgプロジェクトから提訴されたことを受け、ソースコードへのリンクが書かれたチラシをパッケージに同封することにした。だがミュンヘンの裁判所によると、GPLライセンスそのものが同封されていないことから、厳密には製品がGPLv2に準拠しているとは言えないという。

 違反内容は軽微なため、これによりSkypeが業務停止や電話機の販売停止に追い込まれることはない。しかし、電話機の販売方法を見直すよう迫られることは必至だ。また、gpl-violations.orgはSMCに対しても法的措置を取るものと思われる。問題の電話機は、英国ではSkypeと、Wi-Fiアクセスポイントを運営するThe Cloudなどが販売している。

 Welte氏の組織は、ネットワーク接続ストレージやノートPCなど、GPLに対する製品数百件について、GPL違反だと抗議している。もっとも大半のケースでは、ベンダーがgpl-violations.orgの費用を負担し、違反を修正することで裁判に至ることなく和解している。Welte氏は、Linux 2.4.xおよび2.6.xのカーネルに搭載されたパケットフィルタリングフレームワーク「netfilter」の開発作業のまとめ役でもある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化