熱烈歓迎!!Asianux Server 3--第2回:楽々管理

福田昌弘

2007-08-07 07:30

 前回の「楽々導入」の内容は、いかがだっただろうか。Asianux Server 3自体のインストールに加えて、Oracle製品導入の容易さが少しでも伝わればうれしい。前回分の原稿を書き上げた直後に、Asianux Server 3のアップグレード方法に関するメールがミラクル・リナックスから届いた。そこで、今回は、まず、このアップグレード方法からお伝えしよう。

専用アップデータで更新

 前回紹介したレビューキャンペーンで入手したAsianux Server 3は、正式にはベータ3版であるらしい。今回ミラクル・リナックスから届いたメールによれば、Asianux TSN Updaterというツールによって、このベータ3版をベータ5版にアップデートできるそうだ。

 さらに、今後提供が予定されているベータ6版や製品候補版にもアップデートできるらしい。今後、Asianux Sever 3を使い続けるかどうかは決めていないが、アップグレード方法がどのようなものであるかには興味がある。そこで、早速Asianux TSN Updaterを使ってみることにした。

 インストール済みのAsianux Server 3 ベータ3版にもAsianux TSN Updaterは用意されていた。ただし、起動してみると、内容が英語表記である。そこで、ミラクル・リナックスからのメールで指定されたサーバから、最新のAsianux TSN Updaterを収めたrpmファイルをダウンロードする。

rpmのダウンロード 指定されたサーバからrpmファイルをダウンロード。※クリックすると拡大画像が見られます。

 ダウンロードしたrmpファイルは、端末から次のように入力してインストールする。

rpmのインストール 端末からrpmファイルをインストール。※クリックすると拡大画像が見られます。

 インストールを終えたら、端末で“axtu”と入力しAsianux TSN Updaterを起動する。

Asianux TSN Updater Asianux TSN Updaterの起動画面。※クリックすると拡大画像が見られます。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]