Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その22:スクリプトの構造--テクスチャアニメーション3

大槻透世二(サイバーアドベンチャー株式会社) 2007年08月23日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(前回よりつづく)

「どうすれば人に来てもらえるか」
俺は自分に問うように、考え込む。

冷性パスタはすっかり俺の胃に入りこみ、あとはデザートを待つだけだ。須藤さん同様熱いコーヒーを口に含む。冷たいパスタの後の熱さに俺の胃は刺激され、俺の脳にも伝わった。

「先ずどんな人に来てもらいたいかが重要。ターゲット設定だ。それは普通のビジネスでも同じだけれど、このセカンドライフ内では特に重要だ。なぜなら人数制限……SIM(島)に入れる上限が100人と決まっているからね」
「それ以上入るとSIMがパンク…止まってしまう?」

……続きは、ブログ『「Second Love Story」〜あの頃の僕たちに〜』へ。

前回の復習

 前回は、スクリプト自習者には必須の日本語版「LSL Wiki」と「LSL Portal」を使ってテクスチャアニメーションスクリプトで使われる「llSetTextureAnim ( )」の内容を見ることを開始した。

 下図のような「llSetTextureAnim ( )」の定義において、「integer」と「float」はそれぞれ、「整数」と「小数」という「データの型(タイプ)」を示していることがわかった。つまり、「integer」と「float」は、「ここにはどんな種類のデータが入るか」ということを教えてくれているのだ。例えば、下記の「start」「length」「rate」には「1.2」や「0.25」などの「float」(小数)が入り、「sizex」や「sizey」には「1」や「10」などの「integer」(整数)が入ることになる。

LSL Portalでの定義

他のデータ型

 「llSetTextureAnim ( )」の括弧内には整数を示す「integer」と小数を示す「float」が使われている。それでは、他にどんなデータ型があるのだろうか?

 今回もまた、日本語版LSL Wikiで「データの型(タイプ)」の表を見てみよう。

型の説明

 この表からわかるように、データの型には「integer」「float」「vector」「rotation」「key」「string」「list」の7つが存在する。かなり大雑把にいってしまえば、関数に入るデータの型、つまり、関数の括弧の中で「 , 」(コンマ)で区切られている部分に入る値の型は、上記7種類しか存在しない。そして、上記のどれかのデータ型が、関数の最終的な形となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化