編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その25:テクスチャアニメーション応用2 - (page 2)

大槻透世二(サイバーアドベンチャー株式会社)

2007-09-13 08:00

火の作成(テクスチャアニメーション)

 それでは、テクスチャアニメーションを使った火がどのようにして作られるかを見てみよう。下図左にある火のオブジェクトを分解すると、下図右のようになる。平面状のオブジェクトが3枚、角度を変えて置いてあるだけなのが分かる。

火のオブジェクト

 つまり、平面的なものを違う角度で数枚置くことにより、擬似的に立体物として見せているのだ。この方法は、例えば、木を表現する時にも使える。ただし、あくまで疑似的な方法なので、近づいたり、ある角度から見たりすれば、実際には立体でないことがばれてしまう。

 さて、この平面オブジェクトを単体で見ると、下図のようになっている。このオブジェクトの表面には、透過させた火のテクスチャが貼られている。

火のオブジェクト

 しかし、実際にテクスチャを見てみると、下図のように1024×1024ピクセルという解像度のテクスチャに、火のイメージが16個存在している。これは一体、どういうことだろうか?

火のテクスチャ

 実は、これがテクスチャアニメーションの機能なのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]