編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

直感的でセキュアな検索を実現--グループネットのクラスタリング検索エンジン

山下竜大(編集部)

2007-09-11 23:54

 グループネットはロータスの社長を務めていた菊池三郎氏を中心に、2006年2月に設立された新しい会社。インターネット上の情報をユーザーごとに最適な形で簡単かつ迅速に提供することを目的にVivisimoと総代理店契約を締結し、企業内にある情報を最適に活用するためのソリューションを提供している。

 9月4日に開催された「ZDNet Japanソリューションフォーラム2007 〜サーチテクノロジからはじまるエンタープライズ2.0」では、同社の営業企画部長、有働亮次氏が、「次世代クラスタリング検索エンジンで“?”を“!”に変える」をテーマに、クラスタリング検索エンジン「Vivisimo Velocity」を活用した企業内の情報活用について紹介した。

 ペンシルバニア州ピッツバーグに本拠を置くVivisimoは、カーネギーメロン大学のコンピュータサイエンスを専攻する3名が2000年に設立したベンチャー企業。シンプルなインターフェースと短期間での導入、柔軟なシステム設定が可能な特長を持つVivisimo Velocityは、すでに世界120社以上に導入されている。

 日本でも携帯検索ポータルサイトを運営するエフルートやクルマ専門情報サイトを運営するカービュー、東京大学 生命科学構造化センター、グルメWalkerなどを運営する角川クロスメディアなどに採用されている。

グループネットの有働氏 グループネットの営業企画部長、有働亮次氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]