箱売りVoIPビジネスモデルが本格始動:米国内通話無料の家庭向けサービスoomaを探る

文:Deb Shinder 翻訳校正:吉井美有 2007年09月18日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VoIPコミュニティでは、最近「ooma」が話題になっている。同社の広告によると、このデバイスを使えば「自宅を電話局にする」ことができるようになるという。ポイントは、サービスではなくボックス型のデバイスを購入することだ。

 顧客はoomaのハードウェアに対して料金を支払う--その価格は、メーカー希望小売価格では599ドルだが、ベータテストが終了して9月に発売される際には399ドルという新製品特別価格となる予定だ。これを支払った後は月額料金は発生せず、無料でVoIPサービスを利用できるようになる。

 oomaはこのアイデアを考えついた最初の企業ではない。最初に考えついたのはPhoneGnomeだが、両社のサービスの間には大きな違いがある。PhoneGnomeを利用すると、他のPhoneGnomeユーザーへの通話が無料になる。しかし、固定電話や携帯電話に電話をかける場合には料金が発生するのだ。米国内では1分当たり2.1セントで、国際通話料金は国によって異なる。

 それでも、電話料金を格段に安くすることができる。PhoneGnomeのボックスまたはソフトフォン用のソフトウェアを利用したアフガニスタンへの通話料金は1分間当たり2.1セントだ。VonageやLingoといった従来のVoIPサービスを利用してアフガニスタンに電話をかけると、料金は1分間当たり70セント前後になる。

 これに対して、oomaを利用すると固定電話や携帯電話への通話も含め、米国内の通話が無制限で生涯無料だという。ただし、国際通話には別途料金が発生する。

 通話料金が永久に無料?あまりにも話がうますぎるのではないだろうか。あなたもわたしと同様に、何か裏があるのではないかと怪しんでいるかもしれない。そこでわたしは、この「ボックスで提供されるVoIP」について入手可能な情報をもう少し詳しく調べてみた。なお、試用するための評価用デバイスは現在、oomaに提供を依頼中である。今回はとりあえずわかったことを報告したい。

ボックスがあるとどうなるのか

 数百ドルの料金を一括で支払うと、未来の留守番電話のような、バックライトを備えたシンプルなキーパッドのついた銀色のデバイスを入手できる。これが「ooma Hub」で、ooma通話のベースステーションとなる。また、子機用として、これよりも小さいものの見た目はよく似ている「ooma Scout」いうデバイスも入手できる。

 このデバイスは3者通話などの機能を備えているだけではなく、追加料金を支払ったり新たな機器を他に用意したりせず、そのままで1本の電話線で同時に2つの異なる通話を行えるようになるインスタントセカンドライン機能や、ボイスメールのメリットと留守番電話のメリットを組み合わせたブロードバンド留守番電話機能も有している。さらに、oomaのウェブサイトによると、この製品があれば、停電時やインターネット接続障害時でも、安定した911緊急電話サービスを確保できるという。

何か計略はあるのか?

 「うまい話には必ず裏がある」ということは誰もが知っている。oomaのサービスではVoIPプロバイダーに月々料金を支払う必要はないものの、インターネット接続費用はもちろん支払う必要がある。そして、停電時やインターネット接続障害時にも安定した911緊急電話サービスを確保できるのは、固定電話回線を引き続き使用するからなのだ。

 oomaの資料によると、将来的には固定電話回線がなくてもこのデバイスを利用できるようにするという。しかし、そういった道を選ぶと、魔法でも使われない限り、911緊急電話サービス機能を失うことになるのではないだろうか。

 当面は、通常の電話サービスを維持することで、VoIP導入のコスト削減効果がいくらか打ち消されることになるかもしれない。これに対して、従来からあるVoIPプロバイダーの1つに19.99ドルから29.99ドルを支払えば、固定電話サービスを解約することができる。

 しかし、oomaのサービスを利用するために固定電話回線を維持しなければならないのであれば、oomaのコストは他のVoIPプロバイダーの月額料金よりも簡単に高くなる(わたしの「基本」固定電話サービスは、税金や料金をすべて加算すると、追加サービスなしでも月額42ドルになる)。

 他方、(セキュリティアラームシステムやファクスを利用するために、あるいは停電時に911緊急電話サービスを利用したいという理由で)いずれにしても固定電話回線は維持する必要があるのなら、2本目の線として従来のVoIPではなくoomaを使用すれば、長期的にはコストを削減できるはずだ。oomaボックスの代金399ドルは、2年もしないうちに元がとれるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化