編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

王子製紙、内部統制の強化を目的に「SAP GRC Access Control」を採用

CNET Japan Staff

2007-09-27 20:59

 SAPジャパンは9月27日、王子製紙が基幹情報システムにおける不正処理の発生を未然に防ぐためのアクセス管理および職務分掌を強化するソリューション「SAP GRC Access Control(エスエイピー・ジーアールシー・アクセスコントロール)」の採用を決定したことを発表した。

 「論語と算盤」を経営理念とする王子製紙は、環境と調和した製紙事業の推進と地球環境保全の取り組みを強化する中でリスクマネジメントを強化。中でも、緊急処理時の特権ユーザーによる不正処理の防止は、最優先で取り組むべき課題のひとつだった。

 そこで王子製紙では、SAP GRC Access Controlソリューションのひとつである「Fire Fighter(ファイアファイタ)」を活用することで、新たな緊急処理時のアクセス管理ルールを確立し、さらなる内部統制の強化を実現した。

 Fire Fighterの活用により、アクセス範囲が限定された代理アクセス用のIDを使用することが可能。不正処理発生のリスクを軽減し、詳細な作業履歴を自動的に残すことができる。これにより王子製紙では、ビジネスを止めることなく内部統制の強化を実現している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]