編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

アドビ、ウェブワープロソフトのVirtual Ubiquityを買収

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-10-01 14:41

UPDATE Adobe Systemsが正式に「ウェブオフィス」分野に参入する。

 Adobeは米国時間10月1日、従業員11人のVirtual Ubiquityを買収したことを発表する計画だ。同社はウェブベースのワープロアプリケーション「Buzzword」を無料で提供するベンチャー企業で、買収金額は公開されていない。

 これにより、Adobeはコラボレーションソフトウェアサービスを拡大する。また、Microsoft、さらにはGoogleなどウェブアプリケーションをホスティングする他社との競争を強化することになる。

 Adobeはまた、「Share」という開発コード名のサービスも発表する計画だ。このサービスは、他のユーザーを招待してAdobeで保存されているドキュメントを閲覧できるサービスで、ユーザーはドキュメントをウェブページ内に組み込むこともできる。このサービスはまだテスト段階で、1Gバイトのストレージを無料で提供する予定。

 Adobeの幹部は、シカゴで10月1日に開幕する開発者およびデザイナー向けカンファレンス「Max 2007」にて、これらの取り組みについて説明する予定だ。

 一方、Microsoftも10月1日に、ドキュメントコラボレーションサービス「Office Live Workspace」の詳細を明らかにする計画だ。同サービスは、Officeドキュメントをオンラインで閲覧、共有、保存できる無料のツールである。

 AdobeはMax 2007で、デスクトップビデオプレーヤー「Adobe Media Player」のベータ版もリリースする計画だ。現在、CBS、PBS、Yahooなどが同プレーヤーを利用して広告付きのマルチメディアコンテンツを配信している。バージョン1.0は、2008年前半にリリースの予定。

 これらのアプリケーションは「Adobe Flash Player」とウェブアプリケーションをオフラインで動かす「Adobe Integrated Runtime」(AIR)をベースとしており、プログラムは開発ツール「Flex」で作成されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]