編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

アドビ、ウェブワープロソフトのVirtual Ubiquityを買収

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-10-01 14:41

UPDATE Adobe Systemsが正式に「ウェブオフィス」分野に参入する。

 Adobeは米国時間10月1日、従業員11人のVirtual Ubiquityを買収したことを発表する計画だ。同社はウェブベースのワープロアプリケーション「Buzzword」を無料で提供するベンチャー企業で、買収金額は公開されていない。

 これにより、Adobeはコラボレーションソフトウェアサービスを拡大する。また、Microsoft、さらにはGoogleなどウェブアプリケーションをホスティングする他社との競争を強化することになる。

 Adobeはまた、「Share」という開発コード名のサービスも発表する計画だ。このサービスは、他のユーザーを招待してAdobeで保存されているドキュメントを閲覧できるサービスで、ユーザーはドキュメントをウェブページ内に組み込むこともできる。このサービスはまだテスト段階で、1Gバイトのストレージを無料で提供する予定。

 Adobeの幹部は、シカゴで10月1日に開幕する開発者およびデザイナー向けカンファレンス「Max 2007」にて、これらの取り組みについて説明する予定だ。

 一方、Microsoftも10月1日に、ドキュメントコラボレーションサービス「Office Live Workspace」の詳細を明らかにする計画だ。同サービスは、Officeドキュメントをオンラインで閲覧、共有、保存できる無料のツールである。

 AdobeはMax 2007で、デスクトップビデオプレーヤー「Adobe Media Player」のベータ版もリリースする計画だ。現在、CBS、PBS、Yahooなどが同プレーヤーを利用して広告付きのマルチメディアコンテンツを配信している。バージョン1.0は、2008年前半にリリースの予定。

 これらのアプリケーションは「Adobe Flash Player」とウェブアプリケーションをオフラインで動かす「Adobe Integrated Runtime」(AIR)をベースとしており、プログラムは開発ツール「Flex」で作成されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]