いよいよ見えてきたAIRのビジネス展開

大野晋一(編集部) 2007年10月02日 22時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2007年、Adobe Systemsにとって最もホットなキーワードといえばAIR。開発コードネームApolloと呼ばれていたものだ。Adobe Max 2007では、AIRの技術的な側面だけでなく対象マーケットも含めた世界が提示された。

 チーフソフトウェアアーキテクトであるKevin Lynch氏によるオープニングキーノートでは同社の様々な製品やテクノロジが駆け足で紹介されたが、AIRアプリケーションの紹介には特に時間が割かれていた。これまで同社がAIRを語るとき、AIRアプリケーションを開発するための技術的な側面に重点が置かれていた。しかし、今回はAIRアプリケーションは既にあるものとし、AIRアプリケーション間の連携、既存のデスクトップアプリケーションとAIRアプリケーション間での連携が強くアピールされた。

 特にSAPやNASDAQ、salesforce.comといったビジネスユーザーの間でAIRの採用が進んできている。キーノートではfrog designとDisneyによる、ツアー代理店向けのアプリケーション間が紹介された。代理店はローカルディスクへの情報蓄積、また、使いやすい・理解しやすいUI、顧客に対してアップデートを迅速に提供可能といったニーズを持っている。これを満たすのにAIRは理想的な開発環境だ。デモンストレーションではデスクトップに保存された画像ファイルなどをドラッグ&ドロップで取り込み、最後にツアープランをPDF形式で顧客に送るといった機能を見ることができた。また、SAPによるAIRアプリケーションではExcelとAIRアプリケーションの間でのコピー&ペーストのデモンストレーションも行われた。

AIRがビジネス市場で魅力的なことを示したfrog designとDisneyによるアプリケーション

 こうしたニーズはビジネスユーザーが広く持つものだ。クライアント・サーバーからWebへ移行し、悩みを持っているような顧客に対して非常に魅力的なソリューションだろう。国内でも政府・自治体や金融ユーザーのニーズに応えることができるはずだ。

 Kevin Lynch氏のキーノートでは、AIRアプリケーションが増え、アプリケーション間連携、ビジネス市場への展開といった話がよりリアリティを持ってきたことが感じられた。

多くのビジネスユーザーがAIRを導入

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算